大きくする 標準 小さくする

アレルギーの表示

2009/04/02

 食品アレルギーの原因となりやすい食材については、加工品に入っているときに表示することになっています。

 

必ず表示するもの(特定原材料)…7種類

乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに

 

表示が推奨されるもの(特定原材料に準ずるもの)…20種類

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、ごま、カシューナッツ(H25年追加)

 

 いくつかの食品が合わさっている弁当などは、個々の原材料の直後にカッコ書きするか、原材料の最後に一括して「原材料に…を含む」のように表示します。