大きくする 標準 小さくする

掲示板:令和2年度 第2回 静岡市食の安心・安全意見交換会 on web

投稿記事一覧

令和2年度実績、令和3年度実施方針について

名前:市川 陽子日付:2021/02/24 13:20:02new!!

 意見交換会も終わりに近づきましたので、なるべく他の委員が質問されなかった点をお聞きしたいと思います。

1) 事業番号5
 近年、食品衛生法、健康増進法、食品表示法の随時改定が多くなっております。ネット検索が可能とはいえ、HACCPの制度化、栄養成分表示の義務化に関連した書籍のニーズも高いのではと思います。例えば、栄養成分表示に必須の「日本食品標準成分表」は、年末に大幅な改訂版(八訂)が出されました。「日本人の食事摂取基準」も2020年版で運用されており、古い関連書籍とは数字が違っています。「食の安全」関連図書の範囲がどこまでになるのかわかりませんが、このような改訂にできるだけ即応していただきたく思います。誤って古い版を参考に計算、書類を作成する場合もあります。新旧図書の入れ替えについて、どのようにされていますでしょうか。

2) 事業番号7, 15
 消費者による意見交換会(特に食品ロスについて。)、消費者向け講習会の参加者の反応、出された意見、どのような方向にまとまったかお教え下さい。

3) with コロナ時代の市民講座等の工夫
 第1回の意見交換会で、with コロナ時代の事業の工夫についてコメントさせていただいたところ、市でも講演の動画公開や、ウェブサイト、動画を活用したイベントの開催等、市主催事業を新しい方法で行った事例があったとのことでした。止まることなく推し進めていただければと思います。
 今回、後藤先生もコメントされていますが、Web形式(オンライン開催)は本当に普及しました。授業だけでなく学会や学術集会等も最近はほとんど問題なくできております。セキュリティーの問題もクリアしています。
 また思わぬ効果もあります。本学の公開講座(通常は土曜日の午後に東部、中部、西部各地で開催。)をオンライン開催にしたところ、これまで部活等で参加できなかった高校生が、初めて、しかもかなりの数が参加するようになり、全体の参加者も従来の倍以上になりました。学術集会等もこれまでと桁違いの参加者を集めています。移動時間もなく、自宅にいながら気軽に参加できているのだと思います。
 双方向、オンデマンド、会場とWebとのハイブリット(実習などの実演向き)等、内容に合った方法がありますので、さらに推進していただければと思います。

4) 事業番号34
 学校給食における地場産物を取り入れた献立の提供のなかで、「しずまえ」との連携(ロゴ、キャラクターの活用等)もされていますか。キャラクターを使うと子ども達の食い付きが違うと思います。

5) 事業番号58
市民からの食品衛生に関する苦情・相談の対応について、特に多かったもの、特徴的なものの具体例をお示しいただければ幸いです。

事業名31 農業まつりの開催について

名前:松岡 照美日付:2021/02/13 19:26:39

事業名31の、農業まつりについて伺います。
コロナ禍の中、多くの人が集まるイベントは、中止になるものがほとんどですが、代替えイベントを、12月25日に実施したとあります。担当者、関係者の皆様の工夫や、ご努力は大きなものであったと敬意を表します。
感染拡大防止に、どのように気を付けて、どのような形で実施されましたか?
利用された方の反応、てごたえ、課題や反省など教えてください。このような形が、他のイベントや、事業の参考になればよいと思います。

[1]RE:事業名31 農業まつりの開催について

名前:農業政策課日付:2021/02/22 19:59:31new!!

農業政策課です。
ご意見ありがとうございます。

事業名31 農業まつりは、通常開催は中止とし、代替えイベントして、2つの取り組みを実施しました。
1 11/13(金)~12/25(金)まで、特設サイトによる「ネット通販限定セール」を開催。
2 インターネットでの購入が難しい方等のため、11/21(土)に1日限定の農産物販売を8店舗にて開催。(開催にあたっては、マスク着用、手袋着用等新型コロナウイルス感染症対策を講じ実施。)

 新型コロナウイルス感染症拡大防止を考慮したインターネット販売は、非常に盛況で、新たな販路の開拓ができた。一方で、店舗販売でのやり取りは地域住民との心を通わす貴重な機会であることを再認識した。
 今後もインターネットの利点を取り入れ、新たなマーケットを開拓しながら、生産者と消費者が直接交流を図るための機会も設けるよう工夫していく。

事業番号24 食品添加物などに関する市民講座について 

名前:西條 朋子日付:2021/02/15 16:04:28

新型コロナウイルス感染症流行の影響で、食の求め方が変わる中、食品添加物などについての知識は一層必要性が高まっていると思います。
人を集めての講座は開催がしにくいところと思いますが、リアルな講座に限らず、できる方法で情報を発信していただけたらと思います。

[1]RE:事業番号24 食品添加物などに関する市民講座について 

名前:環境保健研究所日付:2021/02/22 16:30:35new!!

事業24
環境保健研究所です。
ご意見ありがとうございます。

食品添加物について正しい知識を啓発することは、必要な情報発信と考えております。
対面による講座の開催がしにくいところではありますが、Webを活用した開催等を検討して情報発信に取り組んでまいります。

Webでの教室開催

名前:後藤 慶一日付:2021/02/06 15:24:38

事業21、22、23、24の実施に関してですが、いずれも必要な情報発信と考えますので、コロナ感染が治まるまで、webでの開催も検討いただいてはいかがでしょうか。対面式の方が効果は上がるかもしれませんが、web形式は、出向かなくても良い、人数を制限しなくても良いなど、メリットもあります。コロナ禍が収束以後であっても、web開催は、ある頻度で加えていっても良いのではと思っています。

コロナ禍の影響で、web会議はずいぶんと普及しました。上述の事業以外でも、webを活用できる部分もあろうかと思います。ご検討いただければと思います。

[1]RE:Webでの教室開催

名前:静岡市食の安全 対策推進連絡会 事務局日付:2021/02/12 09:06:46

食品衛生課です。

事業21の食の安全教室では、手洗いチェッカーで参加者自身の洗い残しを実感してもらうプログラムや食品添加物の実験を実演するプログラムがあります。そのため、今後も対面での開催を予定していますが、ご意見のとおり、web活用の取組みが庁内でも進んでいるところです。食の安全教室においても対面形式によらない方法を検討しているものの、webセキュリティや機器の都合上スムーズに実施できないことがあります。手洗い方法や食品の検査に関する動画コンテンツの公開等、実施可能なことから順に取り組んでまいります。

[2]RE:Webでの教室開催

名前:学校給食課日付:2021/02/19 09:13:24

学校給食課です。
食に関する指導は、市内小・中学校の児童生徒が対象であり、通常の授業時間や給食時間に実施をしております。学校における授業の実施について、Webで実施するための安協が整備されていないため、現時点ではWebでの実施は困難であると考えております。
対面ではない指導の方法としては、放送による指導を行った学校がありました。給食時間に栄養教諭等が食についての話を放送したり、授業時間に校内全クラス一斉に、放送を使った指導を行ったりする(栄養教諭等が問題を出し、時間をおいて、解説する)などの工夫をしました。
今後もよい方法を検討してまいります。

[3]RE:RE:Webでの教室開催

名前:白井 直樹日付:2021/02/22 14:09:08new!!

投稿が遅くなり済みません。

あくまでも参考までにです。これまでは、冊子を作成して、人を集めてセミナーを実施していましたが、この1年で色々考えた末の試みのようです。

今年1月末に農林水産省HPに下記のような動画を掲載しました。

■新たな原料原産地表示制度 事業者向けオンラインセミナーの動画(掲載箇所等)
農林水産省HP
ホーム→消費・安全→食品表示に関する取組 →加工食品の原料原産地表示制度について

https://www.maff.go.jp/j/syouan/hyoji/gengen_hyoji.html#webseminar

[4]RE:Webでの教室開催

名前:環境保健研究所日付:2021/02/22 16:21:48new!!

事業24
環境保健研究所です。
ご意見ありがとうございます。

市政出前講座では、受講後のアンケート結果から対面での開催の方が効果はあると感じておりますが、ご意見のとおりWebを活用した取り組みも進んでおりますので、対面によらない方法をある頻度で加えてもよいかと思います。
今後は、講座申込団体の代表者と打合せをとおして、Webを活用した開催方法についても検討していきたいと思います

食の安心・安全アクションプランの実績及び令和3年度の方針ついて

名前:竹内 光子日付:2021/02/22 09:12:22new!!

しずおか市消費者協会の竹内です。

食の安心・安全アクションプランの実績及び令和3年度の方針ついて、
今年度は新型コロナウィルス感染症のためご苦労や縮小の実施があり、いろいろ大変で会ったことと思います。3年度は感染予防策を万全にしたり、リモートやウエーヴ等の方法を考えて実施していただけるとありがたいです。No36廃止になり残念ですが新規事業に期待いたします。No.24について見直し、実施をよろしくお願いいたします。No.19についてはとても大切と考えています。大学も企業も出張型では、難しいかもしれんが方法を考えて、伝えていただきたいと思います。食品衛生法の改正については、ネットで調べてもわかりにくいです。事例や解説があるとわかりやすく、周知できると思うことは、他の方も提案しておられましたが同感です。よろしくお願いいたします

食品衛生法改正について

名前:水野 裕司日付:2021/02/21 17:30:54

スーパーマーケット運営面からご質問させて頂きます。
①2021年6月以降
HACCP制度の取組で、3つの見える化を現在独自の企業ガイドとして作成し計画・実施・記録と進めておりますが、6月以降行政の指示で提出等の要請はありますか
②静岡市内でのHACCP制度を取り組んでいる企業様の情報を得る事。または情報公開のような共有の機会はあるのでしょうか
③HACCPの精度を導入した製造メーカー様等、第三者認証制度を持つ食品製造企業様の確認・集計・公表など今後予定はあるのでしょうか
以上、質問のみ申し訳ありませんがお願い致します。

テイクアウトを行う飲食店などへの助言、支援について

名前:西條 朋子日付:2021/02/15 15:30:42

コロナ禍でテイクアウトやデリバリーなどを始める飲食店が市内でも増えていることと思います。こうした事業者に対し、市から適切なサービス提供に向けた指導や助言を行う機会はあるのでしょうか。
事業者からの相談なども寄せられそうに思いますが、状況はいかがでしょうか。

[1]RE:テイクアウトを行う飲食店などへの助言、支援について

名前:静岡市食の安全 対策推進連絡会 事務局日付:2021/02/19 11:09:24

食品衛生課です。

令和2年4月に全国を対象とした緊急事態宣言が発令された際、テイクアウトやデリバリーに関する市内事業者からの相談が急増しました。この時、インターネットやチラシを利用しての情報提供や、テイクアウト営業をしている店舗の巡回等を行いました。
令和3年2月現在でも、当初ほどの数ではないものの、相談は続いております。店舗によってメニューや販売形態の希望が異なるため、店舗ごとにお話しを伺い、事故を発生させないための設備や食品表示の方法についてお答えしています。

市民からの食品衛生に関する苦情・相談の対応に関して(番号58)

名前:赤堀 三代治日付:2021/02/15 15:10:39

窓口、電話、電子メールによって食品の苦情・相談対応件数
令和2年度実績3911件とのこと。内容に関して記録の整理、統計処理等はされているのでしょうか。教えてください。

[1]RE:市民からの食品衛生に関する苦情・相談の対応に関して(番号58)

名前:静岡市食の安全 対策推進連絡会 事務局日付:2021/02/19 11:07:46

食品衛生課です。

事業番号58については、食品関係の営業に関する相談、食品表示に関する質問、違反食品やその疑いに関する相談等が寄せられています。相談や質問の中で新規事例や完了まで数年度に渡る事例等があった際には、情報をまとめ、課内共有することがあります。違反食品やその疑い、店舗に対する苦情については記録を作成し、一定期間保管しています。
苦情・相談対応件数は年度ごとに静岡県衛生課に報告しており、県下全体の統計処理が行われています。

ITツールのさらなる活用による食の安心・安全アクションプログラムの拡充

名前:赤堀三代治日付:2021/02/15 15:06:48

私は2011年度から意見交換会委員をさせていただいておりますが、一貫してITの積極的活用促進による当プログラムの拡充の必要性を述べさせていただいてきました。
この10年間「たべしずねっとHPの充実」、「WEB掲示板を活用しての意見交換会の実施」「メールマガジンの発行」「たべしずねっとHPとSNS(FB等)連携による情報発信」「講座内容のWEB掲載等」が取り組まれてきたことは評価に値すると思います。
コロナ禍の中、リアルで意見交換会が実施できない中、代替措置として、WEB活用の意見交換会が機能しているのも、この10年間の試みがあればこそと感じております。
コロナ禍のなか、一般市民、学生対象の講座・研修会等はリアルで実施できない状況にありますが、アフターコロナも視野にいれながら、2021年度の取り組みとして、Zoom等活用のWEB形式での講座・研修会等を実施すべく取り組みをしていただきたい。
後藤委員が提案されていますが、リアルとの対比でWEB形式でのイベント実施の利点もあり、今回のコロナ禍のなかで社会的にWEB活用の機会は大きく増大しており、今後社会の中で定着化していくことは間違いないと思います。リアルとWEBの併用による効果も期待できると考えます。
意見交換会も、こうした手法で開催していくことで、より質の高いものにしていきたいものです。

[1]RE:ITツールのさらなる活用による食の安心・安全アクションプログラムの拡充

名前:静岡市食の安全 対策推進連絡会 事務局日付:2021/02/19 11:06:41

食品衛生課です。

ウェブ活用について以前より多くのご意見をいただいていたことを踏まえ、現アクションプランでは「情報発信の推進」を重点項目とし、たべしずねっとの活用に取り組んでおります。今年度は、意見交換会の開催、テイクアウト食品の注意喚起、動画コンテンツ公開等、たべしずねっとをプラットフォームとして、いくつかの食の安全対策事業をコロナ禍においても実施することができました。たべしずねっとをこのように活用できたのは、継続してご意見をいただいてきた委員のみなさまのご助力によるものと思います。

ウェブセキュリティや機器の制限など、ITツールの活用に当たりスムーズに取り組むことが難しい部分もありますが、今後とも、できることから順に実施してまいります。

会議資料の訂正について

名前:静岡市食の安全 対策推進連絡会 事務局日付:2021/02/18 14:11:57

食品衛生課です。

資料②の訂正についてお知らせします。
令和2年の食中毒発生状況について、令和2年の全国の患者数の集計が誤っておりました。
「全国の食中毒発生件数・患者数ともに過去10年で最少となる見込み」としていましたが、令和2年の患者数は令和元年よりも増加したため、事件発生件数のみ過去10年で最少となる見込みです。

お詫びして訂正いたします。

令和2年度第2回会議資料はこちら

 

会議資料はこちら↓

静岡市食の安心安全アクションプラン令和2年度12月末時点の実績・令和3年度の実施方針一覧

②アクションプランの事業実績・実施方針について

③食品衛生法の改正について

 

 令和2年度 食の安心・安全意見交換会委員 

氏名(敬称略)

所属団体および職名
竹内 光子 しずおか市消費者協会 会長
 
渡邉 良子 静岡市食生活改善推進協議会 会長
 
水野 裕司

株式会社静鉄ストア
お客様相談・品質管理室 副室長

赤堀 三代治

JAしみず 代表監事
ARMS 代表

松岡 照美 静岡県農山漁村ときめき女性
 
海野 雅人

静岡市水産物商業協同組合
常務理事 事務局長

杉原 章二

株式会社ヤヨイサンフーズ
品質保証部長補佐(兼)清水工場品質管理課長

市川 陽子

静岡県立大学 
食品栄養科学部 教授

後藤 慶一

東海大学
海洋学部 教授

西條 朋子

株式会社静岡新聞社
編集局 社会部 記者

白井 直樹 関東農政局 静岡県拠点
消費・安全チーム